未分類

【がっちりマンデー】6/9 装置レストランがアツい!

毎週、がっちりマンデーは必ず観ているようにしています。
先週のがっちりマンデーは「装置レストラン」。近年では人手不足とそれに伴った人件費の高騰がどんな産業であっても目立つようになっています。
そこで、装置を使うことで商品のクオリティ、人件費の抑制、店のエンターテインメント性=質、コストダウン、集客を実現しようという取組みですね。

番組ではまず紹介されたのは
(1)焼き肉ライク 新橋店(https://yakiniku-like.com/)
月1,600万円を売り上げるお店で無煙ロースターと呼ばれる装置。1人1台のロースターを設置することで回転寿司感覚で焼き肉を味わうことができるというもの
スペースを無駄にしないように料理を乗せたトレイをセットできるようにしている。
つまり、1人あたりのスペースが固定される。
また、基本メニューを絞ることで3分以内に料理を提供できるようにしている。
1日に1席19回転できるということは 19×1350(1客平均単価)=25,650
なので1席あたり一か月で75万円は稼げる計算。

(2)大重食堂(https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40048651/)
スープがおいしいラーメン屋さん。月600万円を売り上げる。
その秘密がコーヒーサイフォンを使ったスープ作り。
おいしいスープに加え目の前でスープづくりが見られるのでエンターテイメント性抜群ですよね。
また、ラーメン屋はスープづくりに時間がかかり仕込みをするだけで12時間は要するのですが人件費を減らすことにもつながっているそうです。

(3)マンハッタンロールアイス 松山店(https://retty.me/area/PRE38/ARE145/SUB14501/100001466569/)
ロールアイス(巻いたアイス)を作ることで月500万円を売り上げる。
コールドプレートというクレープを作る装置の冷たい版みたいな装置です。
目の前でアイスを作り巻くシーンがエンターテイメント性の塊みたいですね。
味についても出来立てであるためおいしいとのこと。
通常のアイスクリーム店であれば工場でアイスを作成・仕入れるため在庫を持つことになりますがこの方法であれば冷凍庫を持つ必要がない。つまり、在庫リスクが非常に低くなるということ

それぞれ、経営戦略上の様々な取り組みがりますが面白いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です