未分類

【新聞記事】 エンジン域内生産 義務に

日経新聞のこちらの記事を読んだ感想です。
米・カナダ・メキシコの新NAFTA(SMCA)について、現地生産の車の関税について関税0に条件をつける方向で進むことが分りました。
現状のNAFTAでは車の部品の金額ベースで62%以上であれば現地生産と認められますが、これを75%以上かつ部品の40%は時給16ドル以上の
労働者が生産することを求めています。

つまり、現地の活性化を狙った協定となっています。既存の日本のメーカーは新しい取引先を探すところから始め、結果コストが上がるなどが懸念されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です