読書

【読書術】10分間リーディング 鹿田 尚樹

今回紹介するのは数ある読書術の本の中でも単純な速読ではなく、「集中して読むこと」に焦点を当てている10分間リーディングです。

10分間リーディングの方法としてはタイトルの通り10分間で読むことに焦点を当てていますが、「目的を持って読む」ことと「アウトプットする」こと、最後に「構成を意識して体系化する」ことが挙げられています。

方法は①はじめに・目次をしっかりと読み込む②第2のタイトルを決める③第2のタイトルにあった記述部分を探しながら読む

以上3つを10分以内に行います。タイトルは例えば「私が成功するための8つの方法」など~するための〇つの方法と記載することが好ましいとされています。また、内容のメモに関しては新しいフレームワーク、使える引用句、第2のタイトルとEP(エピソードとポイント)をノートなどに書き込むことが勧められています。

本の中ではオススメの書籍や道具など読書に関する情報が満載ですので方法論を学びたい方には最適です。また、ブックスタンドは読書好きなら1つもっていても良いかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です