ビジネス

サラリーマンにこそ副業がおすすめの理由【手取り編】

どうも、ノノマスです!

昨日は副業のマインド編でしたが、今回は私がサラリーマンに副業をお勧めしている理由の1つ「手取り額の増加」をご紹介します。

イメージですが、年収500万円くらいの方の手取りが380万円くらいです。
これは扶養人数などでも変化するのですが、大体のイメージです。

一方、年収400万円+副業100万円の人の手取りはというと、大体340万円くらいです。
「え、40万円も違うの?
」と思われたかと思います。

なんと副業で稼いだ場合、経費が認められるようになることに加え、副業分の収入には社会保険料はかかりません。なので、若干手取りが増えるのです。

今回の記事では、この辺りの話を私の実体験を交えて紹介します。

副業のおかげで資金繰りが改善した

副業を始める前の私は、資金繰りに苦慮していました。
正直、今でも苦慮しているのは変わらないのですが、会社からの収入では毎月貯金をすることが難しかったです。

その後、固定費の見直しなども行いましたが、最も効果的だったのが副業による収入です。
最終的には税金として所得税と住民税、金額によっては事業税を支払う必要ががありますが、社会保険料がかかってこないので非常に負担が少なく感じます。

もちろん、これは本業で会社員をしておりそこで社会保険料を負担しているからです。
副業一本の場合は、国保に加入する必要があるので注意が必要ですね。

毎月5万円の収入上乗せは大きい

なんといっても、毎月5万円の収入上乗せは最高です。
本を買うにしてもお金がかかるので、少しでも負担を軽くしたいです。

収入のうち、一部を貯蓄、投資へまわしあとは自己投資などに使っています。

ボーナスが期待できない。ならば稼げば良い

現在、冬のボーナスは減少傾向にあることが報道されています。
極論ではありますが、ボーナスが期待できないのであればボーナス分稼いでやれば良いです。

流石に、いきなり単月20万円とか難しいかもしれませんが、ある程度積み上げていけば、単月5万円は硬いです。

月5万円でも1年続ければ60万円。ちょっとしたボーナスです。
月10万円であれば120万円にもなります。

環境のせいだけにしてはいけない

私の周囲にも、ボーナスが減額になった方や支給されない方がいます。
こぞって、最悪だ〜とコメントしていました。まあ、当然ですよね。

ただ、見方を変えればこれはチャンスではないかと思います。
これまでは、会社を頼りにして生きていたため、会社への依存度が非常に高かった。だけど、これをきっかけに自力で生きていく力を磨くきっかけを作れば良いのではないでしょうか。

私は、何もサラリーマンなんかクソだ!というつもりはありません。
というか、私もサラリーマンですからね。

大切なことは、目の前のリスクをどう評価して、どのように対策を打つか?です。

副業を開始せずに、これまでの生活を続けるもよし、心機一転チャレンジするもよしです。
いずれにせよ、それはあなた自身の人生なので、自分自身でしっかりと考えて決めるほうが良いです。

とはいうものの、私個人の意見としては、今すぐ副業をしたほうが良いと思いますが笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。
手取り額を増やす意味でも、これからは副業を始めるのがお勧めです。

これからの時代を乗り切るために、トライしてみませう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です