ビジネス

仕事ができない=辛い。自己分析で強みを提供→ニッチな分野で活躍

こんにちは。ノノマスです。
今回の記事は、「仕事ができなくて辛い」と感じている方向けの記事です。

あなたは、

「毎日、仕事ができないと感じて辛い」
「周囲から仕事ができないと思われている」
「どうすれば、仕事ができるようになるのか」

と思っていませんか?

本記事では、上記の様に「仕事ができない」と自分を責めてしまう方の助けになればと思って書いています。

少しでも、ヒントになれば良いかと思います。

私の結論ですが、「自己分析で自分の強みを検討、ニッチな分野で活躍する」ということです。

「仕事ができない」と思う理由3つと対処法

まず、「仕事ができない」と思ってしまう理由を3つ紹介します。

対処法方法とセットで、確認していただければと思います。

理由①周囲との比較

あなたは、周囲と自分を比較していませんか?

例えば、

「同期の〇〇は、優秀なのに自分は・・・」
「あいつの方が、優れている」

と思っていませんか?

周囲と自分をどうしても比較してしまう方は、自分に対する自信がないことが原因と考えられます。

また、承認欲求が強いなど「自分が認めらたい」と思っていませんか?

思うこと自体は、悪いことではありません。

むしろ、私の知る限り、向上心の高い方が多い印象です。

他人と比較しない方法

まずは、自己肯定感を高める(自分に自信を持つことです)

「自分に自信を持つと言われても・・・」

と思いますよね。

実は、私もかつては自分と他人を比較してばかりいました。

「隣の芝は青く見える」の通り、他人の能力を羨ましがっていたのです。

そう、自分の強みにも気がつかずに。

自分に自信を持つ方法は、いくつかあります。

代表的なものは、「小さな成功を積み重ねる」ということです。

では、どうすれば良いのか?

「自分の強みを知りましょう」

自分の得意とする分野が必ずあるはずです。

もちろん、その分野で社内1位とかでなくて良いです。

平均より上にいる能力を探してみましょう。

理由②直接言われた

厄介なのが、直接「仕事ができない」と言われた場合です。

もちろん、直接的すぎる表現であれば、ハラスメントですが

遠回りな表現で言われることがほとんどです。

はっきりって、いい気分は全くしませんよね?

落ち込んだり、気分が沈んでしまうのは当然です。

しかし、こんな時こそ、冷静に分析してみましょう。

改善点を聞いてみよう

手っ取り早いのが、自分の改善点を聞いてみることです。

もちろん、直接の上司や「仕事ができない」と言ってきた奴に聞くのが良いですが

「それはちょっと・・・」という方。

仲の良い同僚に、聞いてみましょう。

先輩なんかが、ちょうど良いと思います。

自分の改善点を聞いてみて、「これなら直せそう」と思ったことにトライしてみましょう!

ただし、「性格・パーソナリティー」に関する指摘であれば、無理に直そうとしてはいけません。

理由③評価が上がらない

直接言われたわけではないけど、「評価が上がらないな・・・」という方。

それは、「仕事ができない」と同義ではありません。

しかし、「上司に気に入られていない」可能性はあります。

まずは、「自分の上司は何を評価するか」しっかりと観察しましょう。

上司の中には、実績を評価する人、年数を評価する人など様々です。

共通して言えるのは、「恣意性を排除するのは不可能」ということです。

よほどの人物でない限り、「自分にとって都合をいい人」を評価するでしょう。

なので、上司が評価している人物をしっかりと観察して、真似をしてみるのはいかがでしょうか?

評価を上げて自信をつける

評価があれば、自信がつきます。

自信がつけば、周囲の評価は自然と気にならないもの。

そして、プラスアルファとして、「自分の強み」を分析しておくことで、あなたの自信は確固たるものになっていくのではないでしょうか。

次の項目では、今日からできる行動をご紹介します。

「少しでも、力になることができればいいな!」と思ってます。

今日からできる行動

「今日からできる行動」を挙げてみます。

「これくらいならできそう!」と思ったら試してみてください。

冷静に状況を分析

まずは、自分の置かれている状況・思いを分析しましょう。

私のお勧めは「マインドマップ」に書き出してみることですが、メモでも構いません。

とにかく、考えを文字にしましょう。

文字にすることで、不安が和らいだり、自分の思考を整理することが可能になります。

その中でも、特に意識するのが、「自分の強み」です。

あなたにも必ず、自分の得意なことがあります。

過去の経験などから、思い起こしてみましょう。

自分の強みを提供する

次に行うことは、自分の強みを他人に提供することです。

他人というのは、顧客だけでなく、同僚も含みます。

ある分野で1番になれなくても「相手の作業量を減らす」ことはできます。

なので、「1番になる」ではなく、「自分の活躍できる場面」を作り出しましょう。

例えば、私であれば、PCで作業することがある程度得意です。

効率よく作業することで、同僚の作業時間を削減することができます。

同僚は、同僚の得意とする分野に注力できるので、Win-Winの関係ですね。

一度、自分の強みを検討してみましょう。

ニッチな分野で活躍

最終的な状態ですが、「ニッチな分野」で活躍することです。

他人に自分の強みを提供できるなら、その分野の能力を伸ばしてニッチな分野で活躍を目指せます。

その活躍が、また「自分への自信」につながっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冒頭でも述べましたが、「仕事ができない」とレッテルを貼られることは、本当に辛いことです。

その辛い状況を1人でも多くの人が抜け出せるよう、この記事を書きました。

あなたも、今日から変わることができます!

自己分析を行って、自分の強みを知る

強みを他人へ、提供してみる

小さな成功を積み重ねて、活躍へ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です