ビジネス

仕事では集中と分散を使い分けるのが得。【作業とアイデア】

どうも、ノノマスです!

最近コロナが再び騒がしくなり、在宅ワークに戻りました。
その中で気がついたことに、集中と分散という考え方があります。

この記事は、特に「仕事に集中できない」「気が散ってしまう」「周りが見えないと言われる」といった特徴の方に読んでいただきたい記事です。

結論から言うと、大切なのは、集中と分散の使い分けです。
例えば、周囲がみえないことは悪いことのように捉えられがちですが、とてつもない集中力を持っている可能性がありますよね。

これだけだと「捉え方次第」で終わってしまうのですが、「集中するタイミングで集中し、分散するタイミングで分散する」これができるかどうかだと思います。

どのようにしてコントロールする?

仕組み化

どのようにして、集中・分散するタイミングをコントロールするか?

1つ目は仕組み化です。集中できる部屋を作ったり、物を置きまくって分散する部屋にするなど様々な取り組みが考えられます。

他にも、スマホの通知を切る、あえて少し騒がし目のカフェに行ってみるなど、いろいろと考えられそうです。

しかし、最も大切なことは、自分をコントロールする力ではないでしょうか?

集中したい時に集中する、分散したい時に分散する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です