ビジネス

仕事でやる気がなくなった時にやる事シリーズ①マインドセット編

こんにちは、ノノマスです。
今回は、仕事でのやる気に関する記事になります。

普段仕事をしていると、やる気がなくなる場面がたくさんありますよね。
例えば、上司や同僚からモチベーションの下がる事を言われたり。
「なんか今日は調子でないな〜」なんて日が、1週間以上続いたり笑

仕事でやる気を失う理由は、人それぞれなのですが、代表的なものを3つ挙げます。

・他人と自分を比較しすぎる
・感情のコントロールが安定しない
・他人に期待しすぎる

この3つが、代表的なだと私は思います。学術的な根拠はないのですが、想像してみてください。「①他人と比較しすぎず、②感情をコントロールして、③他人に過度に期待しない」あなたを。

私は、この記事を通じて「やる気が出ない方にやる気を出してほしい」わけではありません。というか、やる気が出ないのは仕方がないです。むしろ、正常と言えるでしょう。

お伝えしたいのは、「やる気が出る方法」を知る事で、ある程度やる気をコントロールし、ガクッとやる気が落ちるのを防ぐ事です。

ある程度の波があるのは、仕方がないとして、その波をできるだけ小さくしましょう。

マインドセットを変える

最も基本的な部分である「マインドセットを変える」ことから始めるのが、良いよ思います。抽象的すぎるので、具体化すると「他人と比べたりせず、自分の成長を楽しみましょう」って事です。

さらに具体化すると、仕事で失敗しても「なんで失敗したんだろう?」と疑問に持って、楽しみにながら、改善を繰り返す事です。

マインドなので、すぐに変えることは難しいです。私も気をつけていても、ついつい結果に拘ってしまいます。

他人と比較しすぎない

見出しの通り、他人と比較しすぎないことです。他人とあなたは違います。

例えば、パソコンの性能を比較する際に、「動画を編集する」という目的があれば、PCスペックの比較がしやすいと思います。

しかし、「なんとなくパソコンが欲しい」であれば、価格での比較になりそうですよね?

これと同じで、あなたと他人を比較しても「色々な尺度」があるということです。
もちろん、会社で働いていれば、会社の役職や給料、人事評価など様々な観点から、他人とあなたを比較するでしょう。

しかし、それはあくまでも「会社」での話です。有能なサラリーマン=有能なフリーランサーではない様に、あなたの置かれている環境によって、「何が良いか」は変わります。

長くなりましたが、他人と比較することは、無駄である。と私は断言します。
他人と自分を比較することよりも、「昨日の自分」と「今日の自分」を比較しましょう。すると、少しかもしれませんが、成長ている部分は必ずあります。

毎日、昨日の自分と比較することで、成長の指標にしましょう。そうすれば、他人と自分を比較してやる気をなくすことはありません。

私の体験なのですが、かつての職場で、どう考えても仕事をしていない人が評価されているということがありました。評価するのが人間なので、主観は捨てきれない。そして、人は自分の好きなものを高く評価する。

当たり前のことなのですが、このことに一喜一憂して、自分のことに集中できない人がいました。

そう、私です笑

正直、今思えば、一喜一憂していた時間は、本当に無駄だと思います。
なので、この記事を読んでくださっているあなたには、なるべく早く他人と比較する状態から脱出して欲しいです。

感情のコントロールを安定させる

感情のコントロールが上手くないと、やる気は安定しませんよね。
いかにして、上手にコントロールするかですが、私は、瞑想をお勧めします。

瞑想3週間が経過しました こんにちは!nonomasuです。今回は「瞑想を初めて3週間が経過したけど、どの様に自分の生活に変化を与えたか」を紹介していきます!...

瞑想は、ただ続けるだけではなく、集中して行う必要があります。
確実に言えるのは、瞑想を初めて、メンタルが相当安定したことと、客観的に見る力を身に付けることができました。

瞑想関係のおすすめの本を2冊ご紹介します。興味のある方は、読んでみてください。

 

他人に期待しすぎない

前提として、他人はあなたとは違う生き物です。
考え方・習慣・思想・背景・・・ありとあらゆる要素があなたとは異なります。
そんな他人とあなたが同じ会社・組織で働いているの事自体が面白く感じられます。

本題ですが、他人に期待しすぎてはいけません。
何も、「こいつはダメだ」と思えと言ってるわけではありません。

他人に称賛されたい・他人に認められたい・他人と仲良くしたい・・・
いずれも、人間であれば誰でも持っている感情ですが、「あくまでも、決めるのは他人です」

あなたが、どんなに頑張っても他人が認めてくれるとは限りません。

「なら、諦めろって事?」と思われたかもしれません。はっきり言って、他人に評価されることは諦めた方が良いです。むしろ、自分で自分を認めましょう。そして、自分を評価してあげましょう。

目標や結果のみに執着してしまうと、その過程を楽しめません。
私も、こうやってブログを書いていますが、楽しみながら書いています笑

「あなたは、普段の仕事を楽しんでいますか?」

おすすめ書籍

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です