ビジネス

固定観念を捨てることが副業への近道【やったことのないことをやる】

どうも、ノノマスです!

以前、副業に関するツイートをしました。

副業こそ、スモールビジネスではじめようというものです。

最近、スモールビジネスであることに加えて、固定観念を捨てることも大切だと思いました。
固定観念とは「自分にこれはできない」とか「これはこうあるべき」というものです。

例えば

「自分に副業はできない、会社から禁止されている」
「自分の稼ぐ分野は〜だ」
「本業と違うことをするのは間違っている」

などです。詳しく解説していきます。

なお、副業への第一歩は以下の記事がおすすめです。

副業開始へまずは行動、一歩を踏み出す【月2万】どうも、ノノマスです! ついに副業ネタを描く時が来ました。先日副業で、10万ほど稼いだのですが、私も最初はなかなか行動できませんで...

固定観念を捨てることが副業への近道

私は、固定観念を捨てることが副業への近道だと思っています。
どういうことかというと、端的に既存の考え方に捉われないということです。

私の周囲の例なのですが、副業に取り組まない人は「本業にしがみついている」人が多いです。

一見すると悪いことではないように見えますが、コロナ不況に見舞われる中、収入が一箇所しかないというのは、リスクであると思います。

また、副業を行うメリットは大きく、本業でも相乗効果が期待できたり、新しいスキルが身につく、税金に興味を持つなどなど、、、その効果は計り知れません。

実際、私は副業でランサーズを利用していますが、正直、本業以上にモチベーションが高いです。しかし、本業を疎かにするというわけではなく「本業へのモチベーション維持」としても副業を活用しています。

そんなメリットの大きい副業ですが、冒頭で述べたとおり、固定観念に捉われはじめられない方が多いです。

固定観念とは?

固定観念とは、「これはこうあるべき」という考え方です。

副業を始めるにあたっても、「副業は本業と同じ業種で」と考えている知人が多いです。

しかし、副業こそ、やったことのないことをする方が良いと思います。
その方が、様々な知見を得ることができる上に、経験・スキルを身に付けることができます。

私の場合、本業とは異なり、副業は画像編集などを行っています。
もちろん、仕事で画像編集を教わったことはありません。

最初は、簡単な案件を受注して少しずつスキルを蓄積している最中です。

少し話題が逸れましたが、「〜とはこうあるべき」という考え方を捨てて、無限の可能性に挑戦しましょう。もちろん、リスクは小さい方が良いです。

どうすれば、捨てられる?

固定観念を捨てるためには、「自分が固定観念を持っている」ということを意識するのが第一歩です。意識した上で、何かを行うとき「別の考え方はないかな」と考えてみましょう。

また、資格を持っている方に多いのですが「もったいないから資格を活かす仕事をする」であったり「これまでの経験が活きる仕事をする」ということです。

何の問題もないように見えますが、これまでの経験を活かして新しいことをするならまだしも、従来の延長線上にある仕事をしていると代わり映えしませんよね。

ここは、いっそ新しいことを仕事にして学び、既存の経験と掛け算することで、新しい領域で力を発揮するくらいの意気込みが大切です。

分野を特定しすぎない

副業をするときのポイントですが、分野を特定しすぎないことです。
特定しすぎないとは、1つの分野にこだわりすぎることです。

ある特定の分野で結果を出したら、新しい分野で挑戦するということを心がけましょう。

分野を特定しすぎてしまうと、固定観念に捉われてしまい新しい考え方ができなくなってしまいます。

そして、ある程度稼げるようになったら、直接作業しなくても儲かるような仕組みを作れるとなお良いですね。

 

本業と全く同じ業種ではやらない

最後に、本業と全く同じ業種ではやらないということです。
なぜなら、本業と同じであれば成功する可能性は高いですが、本業とかち合ったり同じことを繰り返すことになりかねません。

また、本業と異なる業種で行った方が、本業への相乗効果も期待できます。

新しいこと、新しい経験、様々な経験が良い効果をもたらします。

あれこれ考えるより行動

何よりも、あれこれ考えるより行動あるのみです。
行動しなければ、副業は始まりません。

自分の硬直マインドを取り去って、成長マインドを持って行動できれば、きっと良い結果につながると思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です