生活関係

虫歯を10年放置した結果【歯医者には早めに行きましょう】

どうも、ノノマスです!

歯医者に行っていない方

「10年以上、歯医者に行っていない」
「歯医者に行かないといけないと、わかっているが先延ばしにしている」
「歯医者に行くのが怖い」

このような悩みを抱えていませんか?

この記事では

・10年以上虫歯を放置するとどうなるか?
・歯医者にはすぐいった方が良い
・歯医者に行くための方法3つ

という内容で、ご紹介するので、参考にしてください。

私は、10年以上は医者に行っていませんでした。歯が痛くても我慢していたのですが、
怖くなり、できるだけ歯を残してくれる歯医者を見つけて、通院。
結果、親不知1本抜歯。根幹治療2本という治療で済みました。

10年以上虫歯を放置するとどうなるか?

私は、10年以上(約12年ほど)虫歯を放置していました。
理由としては、勝手なのですが当時通っていた歯医者で怒られて行きにくくなったことです。

その後、引越しをしたりして忘れていたのですが、頭の片隅には「歯医者に行かないとな・・・」という思いは常にありました。

しかし、中々行けないもので、電話しようと思う度に「来月にしよう」と思って先延ばしを繰り返すばかりでした。

ある日、歯がかなり痛くなって、観念して通院を開始するのですが、結果「早くいっておけばよかった」と月並みな感想を持ちました。

幸いにも、腕の良い先生にあたり、なるべく歯を残す形で、親知らず一本抜歯、根幹治療2本ですみました。
最も心配していた通院費も月1万円を超えることなく、ホッとしています

ただ、これはあくまでも運が良かっただけだと思います。
下手をすれば、結構な本数の歯を失っていたと思うので、現在虫歯がある場合は、なるべく早く歯医者にいきましょう。

虫歯を放っておくと、仕事に集中できなかったり、気になったりしてビジネスにおいても間違いなくマイナスの影響が出ます。

集中して仕事をするためにも、虫歯は直した方が良いです。

幸い、私は通院費は安く済みました。
しかし、毎週通院する時間や移動の労力を考えるととてつもない出費であると言えます。

歯医者にはすぐいった方が良い

当たり前ですが、歯医者にはすぐに行った方が良いです。
しかし、頭で行った方が良いとわかってもなかなかいけないものです。

おそらく、いけない理由としては

・怒られるのが怖い
・通院費が心配
・恥ずかしい

この3つが代表的な理由だと思います。
私も、実際通院するまでは怒られるのではないかと思って心配していました。ネットで、何件も歯医者を調べて、「怒らない」という口コミの歯医者さんを選んだくらいです。

まず、怒られるのが怖いという方は、口コミをしっかり見て怒らない歯医者さんを選びましょう。
最近は、怒る歯医者さんはかなり減ってきていると思います。

次に、通院費が心配という方は、インプラントなど自費診療主体の病院ではなく、保険をしっかりと扱っている病院を選びましょう。
大体、HPに「保険適用」については書かれています。

私が通っている病院は、最初の問診の際に「なるべく保険を使って治したい」という希望欄があり、チェックを入れました。
実際、自費診療を勧められることはありません。

最後に、恥ずかしいという方へ、気持ちは大変よくわかります。
しかし、日が経てば立つほど、恥ずかしいという気持ちは強くなります。
そういう意味でも、なるべく早く病院へ行くことをおすすめします。

次の項目では、病院へ行くための方法をご紹介します。

歯医者に行くための方法3つ

その1:Web予約を利用する

歯医者に強制的に行くための方法として、Web予約を利用することをおすすめします。
Webで予約してしまえば行かざるをえません。
電話で、予約するとなんとなく怖くないですか?

ネットで予約できるというのはお手軽な上に、自分を強制的に通院する方向へ追い込むことができるので、大変便利です。

ただし、古い歯医者さんでは、Web予約がない病院も多いので注意が必要です。

その2:クチコミを読んでイメージする

次に、クチコミをしっかりと読んで、通院するイメージを持つことです。
私は、2時間程度かけてクチコミを熟読し、自分が通院するイメージを持つことのできる病院を選びました。

先人たちのコメントによって、先生のイメージや怖くない印象を持つことができるので、非常におすすめです。

その3:友達・家族に予約してもらう

最後に、これは最終手段なのですが、友達や家族に予約してもらうことです。
人に予約してもらえば行かざるをえない状況になります。
人にお願いするのは、大変恥ずかしいことですが、我慢しましょう。

デメリットとすれば、自分で予約していないので、実感が持てなくなる可能性があることです。

おすすめデンタルケア

デンタルフロスです。虫歯予防のためにも、フロスは通した方が良いです。指に巻きつけて使うタイプで、最初は苦戦するのですが、慣れてくるとコスパが良いです。

フロスに慣れていない方へは、糸ようじがおすすめです。
簡単に歯垢をとることができます。

まとめ

いかがでしょうか。
歯医者について、書きましたが虫歯の放置は絶対にやめましょう。
これだけは強く言えます。

歯の健康を害すると幸福度が低下するという研究があるほど、歯は大切なものです。

今回のまとめ

・歯医者には必ずいきましょう
・行けない場合は強制的に行く仕組みを作る
・通院費よりも時間がもったいない

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です