生活関係

読書しても、頭に入らない方へ。読書前に課題を整理しよう!

こんにちは、ノノマスです。
今回は、読書をしても頭に残らない人に向けて書いています。

あなたは、下のような悩みはありませんか?

「読書をしたのに、翌日になったら内容を忘れる」
「マーカーを引いたりして、工夫しているけど・・・」

私もずっと、読書した内容が頭に残らなくて悩んでいました。

いろいろと方法を試してみたのですが、どれもうまくいかず・・・

しかし、ある時、読書のコツを掴みました。

結論を言うと

①全て読まない
②読む前に課題を確認
③具体的な行動に落とし込む

この3つの方法を実践するだけです。

そもそも、なぜ内容を忘れてしまうのでしょうか。

なぜ、内容を忘れてしまうのか?

理由①全部読んでいる=時間がかかる

1つ目の理由が、「本を全部読んでいる」ことです。

これは、ありがちだと思うのですが、「本は全部読まなくて問題ないです」

例えば、野球のバッティングフォームを練習しようと思った時、手元に解説書があったとしたら全部読みますか?

私なら、自分が気になっている箇所を読んで、実践します。

そして、少しずつフォームを修正していきます。

これと同じで、本は全部読まず、部分的に読むことで記憶に残りやすくなります。

「でもどこを読めばいいか、わからない」と思いましたか?

そう、「事前にどこを読むか決める」これが読書のキモです。

本を読むと言うことは、ビジネス書であれば「あなたは、何か困っている状態」と思います。

つまり、自分の課題を分析しましょう。

そして、その課題に合致する解決策の載っている部分周辺を読むことで、具体的な解決策が分かります。

理由②反復不足

さらに、全部読むことで、反復不足に陥ります。

反復数が少ないので、当然、記憶には定着しません。

300ページの本でも、読むのは大変です。

そこで、部分的に読むことで、何度も同じ本を読みます。

読んでいる箇所が異なっていたとしても、段々記憶に定着していきます。

理由③アウトプットしていない

最後は、アウトプットしていないです。

英単語の試験をイメージしてください。

あなたは本を読むだけでなく、赤シートで隠してアウトプットを行いませんか?

そうです。通常の読書でも、アウトプットは極めて大切です。

本を読むだけでなく、具体的な行動に落とし込んでみましょう。

「今日から何をするか」を決めて、実践を行い「結果」を観察しましょう。

具体的な行動

再度、まとめます。

①全て読まない
②読む前に課題を確認
③具体的な行動に落とし込む

この3つを実践するだけで、読書の効率は遥かに高まります。

そして、行動するときの注意なのですが・・・

「失敗しても諦めない」です。

失敗して、データが残れば検証ができます。

行動する前に、どの様なデータが取れるか検討してましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です