ビジネス

読書はビジネスマンにこそおすすめの習慣なわけ【多様な考え方に触れる】

どうも、ノノマスです!

気温が少しずつ下がり、秋が近づいてきましたね。
秋といえば、読書の秋。すみません、言ってみたかっただけです笑

今回は、タイトル通り、読書はビジネスマンにこそおすすめの習慣なわけについてお話しします。

あなたは、読書をする習慣を持っていますか?

大切なのは、読む量ではなく習慣として読書をしているかです。

「読書する習慣がない!」
「読書は嫌い!」
「読書は不要だと思う」

このように思われている方へ。私も実は読書が大嫌いでした。大学を卒業するまで、全く読書をしないできました。

しかし、ある時考え方を改める出来事がおりました。結果、現在では月刊50冊〜80冊程度の本を読みます。

この記事では、私の経験を交えながら読書習慣がおすすめである理由を紹介し、読書習慣がない方でも簡単に読書を始められる方法をご紹介します。

読書はビジネスマンにこそおすすめの習慣なわけ

繰り返しになりますが、読書はすべての人におすすめです。
その中でも、私はビジネスマンこそ読書をした方が良いと思っています。

色々な考え方に触れられる

1つ目の理由は、色々な考え方に触れられることです。
仕事をする上でも、人生においても多様な考え方に触れることは大切です。

自分とは異なる考えに触れることで、物事の違う見方が見えるようになったり、自分の考えにスパイスを加えることができます。

特に、仕事では1つの物事を多角的に見る力が重宝されます。
読書を通じてこの力を身につけることができます。

会社では学べないことが学べる

会社に勤めているとどうしても、「普段仕事で触れること」ばかりを学ぶようになります。これは、決して悪いことではないのですが、あえて悪い言い方をすると専門バカのような存在になってしまいます。

これは、先ほどの多角的な見方にも繋がるのですが、自分の専門から考えるばかりで別の見方が全くできなくなってしまいます。

例えば、あなたの友人がダイエットにチャレンジしているとします。毎日、ものすごく運動をしているものの全く痩せなかったとします。その友人に痩せるための方法をアドバイスするとしたら、どのようにアドバイスしますか?

運動に詳しい方であれば、運動を。食事に詳しければ食事のアドバイスをするのではないでしょうか。もちろん、それが正解であることもあるでしょう。

しかし、ダイエット1つ撮ってみても、運動、食事、生活習慣・・・様々な観点から原因が考えられます。

仕事でも同じことが起こっているとしたらいかがでしょうか?

会社で学べないことが学べることは、非常に有意義だと思います。

実際に、私であれば本業は経営企画職ですが、デザインの勉強を本でしています。
デザインの勉強をしているおかげで、営業用の資料の作成なんかもできます。

大企業のような分業化が極めて進んでいる組織であれば、問題ありませんが個人〜中小企業であれば、圧倒的に色々なことができる人が強いです。

どうすれば、読書を習慣化できるか?

それでも、読書は嫌だ!」と言われるかもしれません。
そんなあなたには、まず簡単な本から読むことをお勧めします。

ありきたりではありますが、読書に慣れるという方法です。
できれば、100ページ程度の簡単な本が良いと思います。


例えば、この「仕事は楽しいかね?」個人的にすごくおすすめの本ですが、100ページちょっとで、最初読むのにはちょうど良いと思います。

なお、「本にお金を払うのが嫌だ」という場合であれば
Kindle unlimitedが初回30日間無料で使えます。
上の本でなくても色々な本があるので手頃な本を探して読んでみるといいかもしれません。

なお、kindle unlimitedは辞書がわりにも使えるので、非常におすすめですよ。

慣れてきたら様々なジャンルの本を読む

読書に慣れてきたら、様々なジャンルの本を読んでみましょう。
いつも自己啓発書ばかり読んでいるのであれば、友人におすすめの本を聞いてみるなどして、全く異なるジャンルの本を読んでみましょう。

普段触れないジャンルの本を読むことで、良い刺激になります。
思わぬところから、ヒントを得ることもあるかと思います。

私の体験

最後に、私自身の体験なのですが、冒頭でも書いた通り元々は読書が嫌いでした。

正直、読書をする価値みたいなものを見出すことができなかったんですよね。
しかし、最初に勤めた職場で実感したことが、懇切丁寧に教えてくれる人はいないということです。

決してディスっているわけではなく、仕事をしているとわからないことが多々出てきますが、最終的には自己判断が求められるということです。

適切な判断を行うためにはどうすれば良いか?考えた結果行き着いたのが、ちゃんと読書をしようということでした。

それからは、毎月5冊ほどビジネス本を読むようになりました。
その当時は、今から思えば「かなり微妙だな」と思えるような本を読んでばかりいましたが笑

本を読むことで人とは違う考えが

そして、結果を実感したのが、ある時職場の同僚から「変わった見方をする」と言われるようになったことです。

決して頭が良いとかではなく、私は読んだ本に書いてある内容のうち「これは使えそうだ」と思った部分を参考にしながら話をしているだけなのです。

つまり、私個人の体験談ではありますが、本を読むことはメリットがあると言えそうです。

すぐできる行動

今すぐ始められる行動として、以下のような物が挙げられます。

kindle unlimitedで読書をしてみる
図書館で本を借りる
ブックオフなどで本を購入

ぜひ、本を読む習慣を手にしてみてください。
まずはやってみること。やって合わないのであれば仕方がありませんが、やらないで、あれこれ考えるのはもったいないです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です