ビジネス

転職活動は短期的に行わない【常に市場を意識する】

どうも、ノノマスです!

今回の記事は転職に関する記事になります。
先日、知り合いから転職に関する相談をされました。
相談内容としては

「今すぐに転職したい」
「短期間で転職を決めたいけどどうしたら良い」

というものでした。

結論から言うと、転職活動を短期間で行うことは、リスクがあります。

今回の記事では、短期的な転職活動のリスクを説明した上で、常に市場を意識する方法をご紹介します。

転職活動は短期的に行わない

まず前提として転職活動は短期的に行わない方が良いです。

なぜなら、短期的な転職活動を行うことで、本来の目的を見失う他、自分の目標を実現できない可能性が高まるからです。

例えば、家を売りに出すことをイメージしてください。
なかなか売れないものの来月までには、お金が欲しいと考えたとしたら、あなたはどうしますか?

値下げしますよね。
値下げして、本来の価値よりも安い値段で売買すると思います。

これと同じことが転職活動でも起こり得ると言うことです。

若干ブラックな気がするけど就職する

例えば、転職することだけが目的となった場合、若干ブラックな気配がしたり、自分とは合わなさそうと持ったとしても、「せっかく内定くれたから」と思って就職してしまうことが考えられます。

また、期限ありきの行動となるため、非常に短絡的な意思決定を行うリスクが高まります。

その場合、入ってみると「思ってたのと違った」「こんなはずではなかった」と理想とのギャップに苛まれることになります。

短期的な転職はチャンスを逃してしまう

さらに、短期的な転職で運よく、良い企業に当たれば良いのですが、常に求人を出しているような企業(成長ではなく、人員が減ったことに対する募集)にあたる場合もあります。

そんな時に、短期的な転職活動を行っていると、見分けがつきにくいと思い運ですね。

半年とか時間をかけて転職活動を行っていると、「この企業ずっと求人出しているな」と言うものを見かけます。

よほど、待遇が良くないか、人員の定着率が悪い会社ということですね。

そのような会社に転職してしまった場合は、後が大変です。

転職活動を通じて気がつくこともある

また、転職活動を通じて自分の価値観であったり、方針に気がつくことがあります。さらに言えば、面接官と話すことで、新しい考え方に触れることもできる場合があります。

私の場合、転職する際に10社ほど厳選して受け、3社くらいの面接というのを数回繰り返しました。

当初は、食品系の業界に転職しようとしていのですが、倍率が高いことに加え、「本当に自分のやりたいことなのか?」と自問するようになりました。

恐ろしい話ではありますが、気がつけば、食品業界は伸びる!という周囲の声に反応する形で、自分の考えになってしまっていたのです。

自分の考えに気がついてからが本番

以後、自分の中にあった考えである、将来独立して生計を立てることに注目するようになりました。

そのためには、1人である程度完結する仕事や会社経営に近いポジショニングを取る必要があります。

そして、転職活動を通じて、それらが実現できるポジショニングにつくことができました。

会社が変われば文化が変わる

転職活動を通じて思ったのは、月並みですが、会社が変われば考え方も変わるということです。

つまり、ある会社では大人しい性格が求められるのに対して、別の会社では活発性が求められたり・・・といった具合に会社によって求められる人材が異なります。

なので、私は自分の持っている性格をしっかりと発揮できる(しやすい)会社に転職することを目的としていました。

ただ、自分に合う仕事を見つける!といった感覚ではなくて、自分の性格を活かす転職を心がけていました。

サラリーマンであれば、常に転職を意識する

2度の転職を経験して思ったことですが、サラリーマンであれば常に転職を意識した方が良いです。

できるだけ、エージェントと密に会話をして、なるべく早い段階で相談しましょう。

事前に「今すぐ転職は考えていないけど、情報が知りたい」と伝えれば教えてくれます。この時に、適当な対応をするエージェントは切った方が良いです。

逆に、すごく丁寧に対応してくれたのであれば、しっかりと離さずに担当してもらいましょう。

転職する気はないけど面接へ

私もたまにやるのが、市場との解離が起きないように、転職する気はないけど面接に行くということです。

面接官からすれば、迷惑だとは思うのですが、自分の市場価値を知る上では非常に大切だと思います。

また、この面接を通じて一生に一度くらいのチャンスがあれば遠慮なく転職すると思います。

立場が危なくなってからでは遅い

以前にも転職活動についての記事を書きましたが、基本的に転職活動を行うのであれば、早くかつ長く行った方が良いです。

自分の立場や会社の経営状況が危なくなってから転職活動を行うのでは遅いと言えます。

むしろ、そのタイミングで行うということは非常にリスクがあると言えるでしょう。

転職活動を全くしてこなかった人間が、履歴書や職務経歴書を準備して、転職活動をするのは非常に大変です。

ただ、あらかじめ備えておけば問題ないですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です