農協監査士

農協監査士合格へは、大原模試の活用が近道

こんにちは。ノノマスです。

農協監査士試験が近づいてきました。

農協監査士試験受験生の方は、資格の大原で開催される模擬試験を受ける方も多いかと思います。

私も受験生だった頃に受けましたが

「模試の点数が低かった。どうしよう?」

「どう活用すればいいかわからない」

「残りの期間でどうやって点数をあげよう?」

と考えていました。

そこで、今回は、大原模試の活用方法と点数の目安に加え、残りの期間で得点をアップする方法をご紹介します。

得点の目安

あくまでも目安になりますが、大原模試で500点を超えるくらいが本試験での合格ボーダーラインになります。

もちろん、人によっては、大原模試400点で合格した人もいます。

得点はあくまでも目安にして、注目しておきたいのが、「他の受験生が正解した問題を解けているか」です。

監査士試験では、他の受験生が正解している問題を正解する事が、前提条件となります。

その理由は、また別の記事で解説します。

大原模試の結果で、自分の得点の位置と、全体の正答率が見れたと思います。

しっかりと振り返りを行い、本試験での得点をあげましょう。

大原模試回答の活用

大原模試の活用方法の一つで、お勧めするのが解説を活用する事です。

解説には重要な出題論点、計算式など様々な情報が記載されています。

しっかりと読んで復習・暗記しましょう。

残りの期間をどう過ごすか

「大原模試の結果が悪かった・・・」

と言う方。諦めるのはまだ早いです。

ここから、得点アップを狙う方法があります。

この記事で、紹介する3つのポイントを抑えるだけでも、得点が変わってきます。

得点アップのポイント

回答を全て埋めているか?

この記事を読んでいただいているあなたに質問です.

もしかして、回答に空欄箇所がありませんか?

あると言う方。はっきり言って「愚の骨頂」です。

監査士試験には、部分点が存在します。

つまり、何か記載していれば1点でも得点が稼げる可能性があります。

しかし、空白で出せば0点間違いなしです。

わからなくても、間違っていても良いので、とにかく回答欄を埋めましょう。

簿記の仕訳を覚えているか?

簿記の仕訳は完璧に覚えていますか?

簿記理論の最初に問われる仕訳問題は、完璧に抑えておきましょう。

ここを落とすようでは、合格は厳しくなります。

法律科目の基本を抑えているか?

言わずと知れた、民法・農協法の基本です。

この2科目は、基本を抑えるだけでも得点が変わります。

もちろん、高得点は難しいですが、基本を抑えられていない方は、徹底的に条文の読み方をマスターしましょう。

【農協監査士】民法・農協法の勉強方法ー概論編ー こんにちは!nonomasuです。今回は、農協監査士試験の中でも鬼門とされる法律科目の勉強方法概論を紹介します。反響があれば、後日個...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です