ビジネス

転職で履歴書は手書きの方が良い?結論、どちらでも良い

こんにちは。ノノマスです。

新型コロナの状況が少し落ち着き、これから転職活動を開始しようと思っている方も多いのではないでしょうか。

転職活動では、履歴書を手書きにするか悩む方が多いと思います。

結論から言うと、どちらでも良いです。

ただし、相手に合わせるのか、自分のスタイルを貫くのか決めましょう

私の実体験も含め、解説したいと思います。

転職活動で手書きをしなかった(実体験)

40社ほど転職活動で受けましたが、手書き指定は1社のみ(内定は10社程度/書類選考落ち3社)。

業界としては、ベンチャー企業を中心に受けていました。業界的に手書きの文化がなかったのも大きいです。

統計データではないため、正確ではありませんが、手書きをしなかったことを注意されたことはありません。

一方、書類選考落ちした3社は手書きの方が良かった可能性は否めません。

手書きした方が良い場合

採用担当者・上司が年配

例外もありますが、採用担当者やその上司が年配の方の場合は、手書きの方が良い場合が多いです。

特に、接客業などのサービス系の業界では、手書きの方が印象が良いと思います。

歴史があり、伝統を重んじる社風

受ける企業が伝統を重んじる社風であった場合も、手書きの方が良いです。

古き良き文化を尊重している可能性が高いので、手書きで挑みましょう。

指定がある場合

当たり前ですが、事前に手書きを指定された場合、それを無視するのはNGです。

募集要項の隅に書いてあったりするので、よく読んで確認しましょう。

パソコンでも良い場合

IT業界など合理的な考え方をする業界

合理的な考え方を重んじる業界では、手書きよりパソコン作成が好まれることが多いと思います。

逆に、手書きで提出した場合「この人は合理的ではないな」と思われるリスクもあります。

ベンチャーなど若い会社

ベンチャー企業など比較的若い会社では、手書きでなくても良い可能性が高いです。

この辺りは、イメージも持ちやすいですよね。

指定がない場合はワンチャンあり

指定が特にない場合は、どちらでも良い可能性があります。

慎重に行くなら、担当者へ一言聞いても良いと思います。

私は、メールで当然のごとく、履歴書を提出していました。

別の視点

ここまで、読んだ方は「結局どっちなんだよ」と思われたと思います。

結論、手書きであろうとパソコン作成であろうとどちらも正解です。

相手によって合わせることも大切ですが、もう一つ「自分がどうしたいか?」と言う視点があります。

私が、転職活動で手書きを一切しなかった理由は、「手書きを指定する会社は自分とは合わない」と思っていたからです。

新しい良いものを積極的に取り入れる会社で働きたかったので、最後まで一貫してパソコンで作成しました。

基本的にメールで送っていたのですが、手書きを指定された場合は、辞退しようとすら思ってました。

自分はどうしたいか?

パソコンで作った方が合理的と思う方、手書きの方が気持ちがこもっていると思う方それぞれに価値観があります。

その価値観にあった会社に、転職する方が良いと思います。

自分を偽ることなく、転職活動をしていればいつか見つかります。

逆に、転職活動を早く終わらせたい場合は、相手に合わせれば良いです。

転職活動の目的は「転職を達成すること」なのか「転職を通じて働きやすい環境を見つけること」なのか他の理由か

今一度、見直して活動に励んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です